続発

震度6強が続発。
そんな見たことのないフレーズが見出しについている事態。


地震の概要
4月14日21時26分以降に発生した震度6弱以上を観測した地震(4月16日15時現在)
発生時刻        震央地名     マグニチュード   最大震度
4月14日 21時26分 熊本県熊本地方    6.5        7
4月14日 22時07分 熊本県熊本地方    5.7        6弱
4月15日 00時03分 熊本県熊本地方    6.4        6強
4月16日 01時25分 熊本県熊本地方    7.3        6強
4月16日 01時46分 熊本県熊本地方    6.0        6弱
4月16日 03時55分 熊本県阿蘇地方    5.8        6強
4月16日 09時48分 熊本県熊本地方    5.4        6弱

── 気象庁|報道発表資料 |「平成28年(2016年)熊本地震」について(第10報)



14日に発生した震度7の地震に、「平成28年熊本地震」という呼称が付いた。


平成28年4月14日21時26分頃に熊本県熊本地方で発生した地震について、気象庁はこの地震を「平成28年(2016年)熊本地震」と命名しました。また、英語名称は、「The 2016 Kumamoto Earthquake」と命名しました。


── 気象庁|報道発表資料|平成28年4月14日21時26分頃の熊本県熊本地方の地震について(第4報)



14日午後9時26分ごろに震度7。マグニチュードは6.5。
16日午前1時25分ごろに震度6強。マグニチュードは7.3。


16日午前1時25分ごろ、熊本県で震度6強の揺れを観測。マグニチュードは7.3。気象庁は14日以降に続く「本震」と判断した。


── 【随時更新】熊本県で震度6強、M7.3 その後も地震相次ぐ - Yahoo!ニュース


気象庁は、マグニチュードが大きい16日午前1時25分の地震を「本震」と位置づけ、熊本地震をその「前震」に格下げした。


── 専門家「これ以上の本震が今後あるかもしれない」 地震連鎖可能性否定出来ない (西日本新聞) - Yahoo!ニュース


しかし。


「本震の後に余震が続き、やがて収束していく『本震余震型』の地震のパターンだけではない」と指摘するのは、鹿児島大の井村隆介准教授(地質学)。2日前から前震が確認されていた東日本大震災(2011年)がまさに「前震本震型」だったという。
井村准教授は「今回の地震が本震なのかどうか、まだ分からない。これ以上の本震が今後あるかもしれず、余震が数カ月続くことも考えられる」という。


── 専門家「これ以上の本震が今後あるかもしれない」 地震連鎖可能性否定出来ない (西日本新聞) - Yahoo!ニュース


まだわからない。

16:02にも、熊本県熊本地方で震度5弱。まだ強い揺れは続いているし、大分県が震央の地震も発生している。


熊本県熊本地方、阿蘇地方、大分県で規模の大きな地震が相次いでいることについて、気象庁の青木元・地震津波監視課長は16日午前の記者会見で、三つの地域で別々の地震が同時多発的に発生しているとの見解を示した。16日午前1時25分に発生したマグニチュード(M)7.3の地震(本震)が影響していると考えられるという。
(中略)
気象庁はこれらの余震域が離れていることから、それぞれ別の地震と判断。青木課長は「広域的に続けて地震が発生したケースは近代観測が始まって以降は思い浮かばない」と話した。


── <熊本地震>熊本、阿蘇、大分…3つ別々の地震が同時に発生 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース



地震が続くなか、強い雨をもたらす雨雲が接近中。


九州の雨や風
きょう16日(土)昼ごろから、すでに弱い雨雲がかかりはじめています。 夜は広い範囲で雨が降り、次第に降り方が強まります。 雨のピークは、あす17日(日)の未明から明け方で、激しい雨や雷雨となるでしょう。 道路が川のようになるような降り方です。 局地的には1時間に50ミリ以上の滝のような雨が降るでしょう。 地震で揺れの大きかった地域では地盤の緩んでいる所があります。 少しの雨でも土砂災害の発生する恐れがあり、特に警戒が必要です。
風のピークは、今夜遅くから、あす明け方にかけてです。 熊本県や大分県を含む九州北部では、南よりの風が非常に強く吹くでしょう。 何かにつかまっていないと立っていられないくらいで、車は通常の速度で運転するのは困難になるほどです。 また、発達した雨雲やカミナリ雲の周辺では、突風が吹くこともあり、注意が必要です。
(2016年4月16日 15時57分)


── 雨と風の警戒期間 熊本は夜間にピーク(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp


どうなってる日本の気象。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近のコメント

ピックアップ