蕾が上がってくるけれど

あいも変わらず、酷暑の日々です。

バラさんたちには休んでいてもらいたいのだけど、いつの間にか蕾が上がってきちゃうんですよね。
必要最小限の回数・時間でしかベランダに出ていられないので、蕾を見逃すことも多くて。

今日は目の前にあったから見つけたけれど…。

180808.jpg
ジュビリー陛下。
う~ん。良くないよね~。

この記事へのコメント

felicia
2018年08月10日 12:48
時々思うんです。
摘蕾すると、また新たな蕾を付ける為に
余計にパワーが必要になるんじゃないかな・・・って。
それなら、咲いたら速攻摘む・・・を繰り返した方が良いんじゃないかな・・・って。

同じ品種があるなら、比べられるんですけどね^^
もも
2018年08月11日 00:15
◆feliciaさん
花を咲かせるのにエネルギーが必要というのはさんざん聞かされて(読まされて)きたけれど、どの段階が一番体力を使うんでしょうね?
蕾を作る時?
花びらを開く時?
開花を維持する時?
蕾が小豆大になるまでに摘蕾せよという話なので、蕾を作るのにも体力を要するのでしょうね。
なんて考えちゃう私ですが、以前は咲いたら速攻摘む方式でした。
同じ品種で比較ですか…やれば良かったかなぁ。ミニバラは複数鉢ずつあるのです。でも、あまりにヘロヘロな姿だから躊躇しちゃうんですよねぇ…。

最近のコメント

ピックアップ