1. 日常 > 天気の話
  2. 極端

極端

何度も書いていますが、このブログには「激しい気象」というタグを用意しています。ガーデニングを始めた頃に比べると、ブログを移転する頃にはすでに天気が激しくなっているように感じていたので、簡単に振り返ることができるよう、タグを作ってみたのでした。

今年の夏も記録すべき事項に事欠きませんね。
災害レベルの猛暑が来ただけでもえらいことでしたが、さらに記録すべき気象状況が続いています。


今回の台風21号もそうですが、今年は「極端な現象」が多くなっています。

きのう気象庁から発表された「夏(6~8月)の天候」によれば、
今年の夏は、
●平成30年7月豪雨の発生
●全国の気象官署のうち48地点で夏の平均気温が観測史上1位(全153地点中、タイを含む)
●猛暑日を観測した地点数の積算は6479地点で、2010年以降最多
●熊谷(埼玉)で41.1℃を観測し、全国歴代最高気温を更新
●北陸地方で観測史上初めての40℃超え
●全国の202地点で日最高気温が観測史上1位を記録(全927地点中、タイを含む)
●夏の期間に18個の台風が発生し、統計開始以来1位タイの多さ
●統計開始以来初めて5日連続で台風が発生(8月12~16日)
など、気象史に残る夏となりました。


── “極端現象の夏” 台風21号が猛威 ( 秋 ) - チーム森田の“天気で斬る!” - Yahoo!ブログ



ここには含まれていませんが、短いから梅雨が終わったら、やたらと派手な豪雨が頻繁に起こる夏になりました。
最近は、見たことのない雷雲の写真ががネットで出回りましたね。「ラピュタは本当にあった」みたいなキャプション付きで。

このところの台風21号の被害を伝える画像や映像は衝撃的で、大規模な停電や火災なども伝えられています。

というあたりで、今年の記録を残す目的の記事を書くつもりでしたが…。

関西地方で日常が戻らぬうちに、今度は北の大地で「北海道胆振東部地震」。
北海道全土で停電という今まで聞いたことがない大惨事に。


もう少ししたら北海道在住の友人に連絡を取ってみようと思います。



この記事へのコメントが 2 件あります

  • 加藤

    あの日、とても大きな入道雲があって、ラピュタが来ている?と思っていたのでした。
    で、イカズチ
    で、落雷でトイレ壊れる
    というロボットの仕業にしてはガックリな顛末の我が家でした。
    その前から春と秋が妙に短くなってしまって、春と秋に咲くバラはどうすれば?という状況ではありましたが、なんだかもうバラどころではなくなってしまった気がします。
    天変地異ってよく聞く言葉ですが、天は変動地は異変、改めて見ると恐ろしい言葉です。
    2018年09月10日
  • もも

    ◆加藤さん

    天は変動・地は異変…すごい言葉ですね。
    雷→トイレの流れは、風→桶屋のようにビックリでした。
    今まで体験していないことが起こると肝に命じていかなきゃいけないのだと、改めて思うことが多いです。
    これだけ激しい夏なのに、ベランダのバラたちは油断していると咲くのですから、私よりタフで驚きます。
    2018年09月10日

最近のコメント

自分のための覚書 テーブル

⇒ もも (09/21)

⇒ 加藤 (09/20)

極端

⇒ もも (09/10)

⇒ 加藤 (09/10)

タイミング

⇒ もも (09/06)

⇒ 加藤 (09/05)