自分のための覚書 テーブル

テーブルヘッダーテーブルのデータテーブルのデータテーブルのデータテーブルのデータ
テーブルヘッダーテーブルのデータテーブルのデータ


テーブルヘッダーテーブルヘッダー
テーブルのデータテーブルのデータテーブルのデータテーブルのデータテーブルのデータ


<th>テーブルのデータテーブルのデータテーブルのデータテーブルのデータ
<th>テーブルのデータテーブルのデータ


<th><th>
テーブルのデータテーブルのデータテーブルのデータテーブルのデータテーブルのデータ


テーブルはリッチテキストで編集したほうがいい。

なんかすごいぞ。
罫線なし。thは特に書式設定されていない。
画像とか広告とか何か要素を並べることを想定しているのだろうか。表らしい表を組むには自分でCSSを設定したほうがいいな。

この記事へのコメント

加藤
2018年09月20日 20:04
えっ?テーブルをリッチテキストで編集?
ぼろぼろ←鱗が落ちる音
考えたことがありませんでした。使っていないからとも言えますが^^;
こういうのって一つ間違うと小さな親切大きなお世話になるので、最初から敬遠しているところがありました。
でも物は使いよう?小さな親切のなところだけを使いこなせる技量があればいいわけですね。
もも
2018年09月21日 00:12
◆加藤さん
そうそう、使ってないから知らなかった!
Wordと同じ感じで、罫線をドラッグできるし、行列削除もボタン一つで完了!
うぉーっ、なんてこったい!と唸ったのですよ。
かつては「この箱の幅は何pxだからぁ、罫線何本を引くと何pxがtableの中身に使えてぇ、それぞれのセルのサイズはぁ…」と計算していた私。どれだけ衝撃的なことだったか!
こりゃあ、tableタグだけリッチテキストで調整するとかアリだなーと思ったのです。
ふだんは大きなお世話は蹴散らしているんですけどね。使ってみるものですねー。

最近のコメント

ピックアップ