剪定の予習をして臨みました

2月になりました。バラの剪定の時期です。

剪定のセオリーが分からないわけではありませんが、うまくないと自覚ているので、まずは小山内さんの動画で学習とイメトレ。
  ↓
【バラの育て方】冬のバラ管理のコツ♪四季咲きバラの冬剪定~実践編 - YouTube
https://youtu.be/JBjOt539Qyc

おもしろいな~♪ そして分かりやすい! 動画だと受け取る情報量が多いわ~♪
楽しく学習しました。

そして実践。

おかげで、比較的悩まず剪定できました。

それでも悩みはしますし、ましてや樹形を整えるのは難しい。もっともそこは生き物相手だから、思い通りにならなくてもしょうがないって思うことにしています。

あとはフジサンがもうひと鉢で終わりです。

腰と背中が痛くて…どっこいしょ。^^;

この記事へのコメント

加藤
2021年02月06日 20:08
お疲れさまです!
本当に樹形を整えるのは難しいです。
こう切ればこうなるはずだ→え?まさか?なぜ?
ということが性懲りもなく繰り返されます。
バラと猫は思い通りにならない対決をしたらいい勝負かもしれません。
それでも誰も文句を言ったり怒ったりしないところもいい勝負だと思います(^^)
もも
2021年02月06日 22:10
◆加藤さん
たくさん枝があるわけどもなく、芽がたくさんあるわけでもなく。
そうなると、選択肢が少ないんですよね。
共感してくれる人、きっといるかと思いますけど。
バラは切ったら伸びるという小山内師匠の言葉ももっともなので、いつもより勢いよく切ってみました。そんな年があってもいいかなーと思いました。
思い通りにならないから植物を育てるには知識と知恵が必要なんだと思うんですね。猫の場合は、知識があっても、諦める賢さを得る必要がたくさんあるような印象です。(=^・^=)

最近のコメント

ピックアップ