剪定ラスト

最後のひと鉢、フジサンの剪定をしました。

F6056425-0C17-443C-8F06-705DC7FFF23E.jpg剪定前。

葉はすでに撤去済み。
真ん中の短い枝は、秋に伸びたシュート。蕾が上がりましたが、咲きませんでした。
赤い芽がぷくっといい感じでついている期待の枝です。

実はこの鉢は、特別に隔離して養生していたものなんですが、こんなシュートが出てくるなんて、だいぶ元気になったみたい。


94E4C257-5A87-487C-BAF6-71A1D518C216.jpg剪定第1段階終了。
上の写真と前後が逆ですね。^^;

久しぶりに深く剪定しちゃいました。

カイガラムシらしきモノが付着していたので、付いているところを減らそうと思ってバッサリいっちゃおうと思ったのが一つ。

もう一つは、上の写真では右側、下の写真では左側にあたる枝が徒長していて、芽のが下のほうに少ないのをリセットしてみようと思って。

この後、部屋に持ち込んで、じーっと観察。

ベランダで見落としていた白いモノを、ピンセットで丁寧に落としました。椅子に座って余裕がある気分で見ると、違いますね。いろんなことが見えてきます。

ベーサルシュートの素が4つくらいありました。全部が育てば最高だけど、2つ…1つだけでも育ってほしいなー。

芽の伸びる方向を考えて、さらに1段くらいずつ切りました。これにて、今期の剪定は終了~。


バラの姿も私の気分もスッキリしました♪

この記事へのコメント

加藤
2021年02月07日 17:34
バラも気分もスッキリって、私もまったく同じですわ(笑)
季節の節目が身近にあるって楽しいことだと思います。
(前記事の)小山内さんの剪定、早かったですね〜。
あのイメージを持って切ったのならきっと完璧ですよ(^^)v
こうなってくると、一刻も早く「結果」が見たくなりませんか?
もう気が急いてきました^^;
もも
2021年02月08日 01:30
◆加藤さん
完璧ではないでしょうが、今までより速くできたんじゃないでしょうか。^^
結果はどう出ますか。ドキドキです。
鼻もがびってきたことだし、春が着々と進んでますね。しばらくしたら会えると思うと…ルン🎶

最近のコメント

ピックアップ