一番花の時期に夏日になると

2017/05/20
気温がどこまで上がったかは定かではありませんが、夏の暑さを味わっちゃいましたねー。これだけ暑いと、まだ春モードのお花を咲かせているバラには大打撃です。 というわけで、本日は自分のための覚書き。耐暑性に関すること。 一番花が咲いているのに30℃近くまで気温が上がり、バラにダメージ。 花びらがシルキーな質感のものが特に。 ダメージの大きさは、フジサン、ジュビリー陛下の順。 真夏日..

...続きを読む »

ジュビリー&パープルも開花

2017/05/14
こちら、蕾の段階から美しいジュビリー・セレブレーション。 なぜか良い色で撮れました♪ ひらっと花びらが緩み始めた時も美しいですね~♪ 高温の日があったので、開くのが早かった。(>_<) 開いたら、文句なしの美しさ♪  身にまといたくなるフルーツ香♪ 今年も会えて本当に嬉しい…。 ジュビリー陛下の後ろに控えるのは、ミニバラのパープル。 ..

...続きを読む »

カウントダウン

2017/05/03
うちのバラさんたちが、開花カウントダウンに入りました。 Jubilee Celebration ジュビリー陛下。 ガクが緩み始めました。 もう咲いちゃうの?! もう少しまんまるに育ってからでも…。 ああ、でも、ここまで来たら連休中に咲くかな? Domaine de St Jean de Beauregard ボールガール嬢もガクが緩み始めました。 大体..

...続きを読む »

爪痕

2017/03/21
爪痕と言っても、別に私が引っ掻いたわけじゃありません。 台風の強風に煽られて、枝が割れてしまったのです。 いい感じに枝が分岐して大事に育てたいと思った枝だったので、ショックでしたねー。 この枝は枯れることなく、今年も新芽が出ています。 こういうタフさに触れると、すごく感動します。 だって、私がガーデニングを始めたきっかけは、命のタフな輝きに魅入られたからですからね♪ ..

...続きを読む »

極上の香り

2017/03/20
ジュビリー・セレブレーションは今、多くの芽がこんな具合。 新芽が出て、まだ開いてはいない状態。 (再掲) なかにはこれだけ開いているものもありますが。 いずれにしてもまだまだ蕾が上がるには程遠いのですが、得も言われぬ香りがするのです♪ あま~い果物のような…かと言って果物ほど生っぽくなく、ふわっと軽くてとにかく甘く、心も目もとろける、そんな香り。花はシトラス香..

...続きを読む »

セオリー

2017/03/19
バラを育てるにもセオリーというものがありまして。 具体的なことは、もものおすすめ☆バラ栽培の参考書にリストアップしている本などを各自ご覧ください。 さて、基本をご存知の前提で話を進めますと。 セオリーはあっても、相手は生き物です。100%セオリーどおりに育つなんてことはありません。毎度、それで悩ましいことになるんです。 セオリーどおりに考えるなら、切り戻しして、..

...続きを読む »

タグ "ジュビリー・セレブレーション" が付けられたこのブログの記事をもっと見る »

最近のコメント

一番花の時期に夏日になると

⇒ もも (05/21)

⇒ ffelicia (05/21)

ジュビリー&パープルも開花

⇒ もも (05/17)

⇒ 加藤 (05/16)

ボールガール ポートレート

⇒ もも (05/17)

⇒ 加藤 (05/16)